アメリカ大統領選挙の「勝者総取り方式」:”Winner-take-all method” in the US presidential election

アメリカの大統領選挙は、州に割り当てられた選挙人を全て獲得する「勝者総取り方式」。

州ごとに決まりや自治権があるからこういう方式になるのかもしれないが、単純に票数で決めた方が米国民も納得するのではないでしょうか?

The US presidential election is a “winner-all-take-all method” in which all the electors assigned to the state are acquired.


This may be the case because each state has its own rules and autonomy, but I think it would be more convincing for Americans to simply decide by the number of votes.


#アメリカ大統領選挙


01

02

おすすめの本

メルマガ「世の中に感動とおもしろさを!」

MATSUBARA はてなブログ
https://masa104masa.hatenablog.com/

MATSUBARA livedoorブログ
http://blog.livedoor.jp/masaathlon/


MATSUBARA WordPress

http://masaathlon.net



MATSUBARA jimdo
https://masaathlon.jimdofree.com/ 

MATSUBARA Amebaブログ
https://ameblo.jp/masa104masa/

 

ただ今イチオシの本






ダイエー公式サイトキャンペーン特集

本気のプログラミングスクール【ウェブカツ】

コンテスト実績No.1の本格スクール 小学生向けプログラミング教室【テックキッズスクール】

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】


















検索 : 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA