高橋大輔フィギア2位

 フィギアスケートの高橋大輔選手がフィギアスケートの全日本選手権で2位になりました。  さすがという反面、若手の台頭が全くないのが残念な結果でもあります。3位の田中刑事選手はオリンピック代表でもあるのにブランクのある高橋 […]

読書で生きる力を

 子供の貧困が問題になっています。日本では6人に1人がまともに教育を受けることが出来ないとのことです。でも人間は生きていかなければならない。  自分で自ら本を読んで自分にふさわしい生き方を見つける力というのがとても人間に […]

鎌田浩毅「理科系の読書術」中公新書

 鎌田浩毅さんの「理科系の読書術」を読みました。  鎌田先生は地質学を専門にする学者さんなのに、文系理系とわずとてもたくさんの本を読んでいらっしゃる。以前鎌田先生が書いた「座右の古典」も楽しく読ませていただきました。   […]

寄付から考えるビジネス

 仕事というのは社会に貢献するものであって、自らが金持ちになるためのものではない。もちろん人間が生きていくためには最低限のお金は必要ですが、お金が必要ならその対価となる社会貢献が必要ということ、つまり人間は世の中の役に立 […]

寄付から始まる地球環境問題

 人間は環境によって意識や育ち方・成長の仕方が変わってくる。自分たちのためにも地球環境を大切にする必要があります。地球環境問題は様々あります。オゾン層破壊、地球温暖化、酸性雨、砂漠化・・・。  最近日本で影響が大きいのが […]

子どもの貧困

 日本には教育を受けたくても受けられない子どもが7人に1人いる。さらにひとり親の家庭になると貧困率は50.8%にもなるそうです。  教育を受けることが出来ない子供が増えると、将来、まともに仕事に就くことが出来ない大人が増 […]

ヴィッセル神戸 大荒れ

 11月24日(土)に行われたJリーグのヴィッセル神戸対清水エスパルス戦。4分と表示された後半のアディショナルタイムが20分近くになり、その間に清水がゴールを決めて3-3の同点で試合が終了するという事態になりました。   […]

会社よりも社会で評価される

 サラリーマンをやっていると、会社の中での評価を気にしがちです。しかし、会社の中で評価の良い人が、社会に出ると必ずしも評価の良い人とは限らない。一見、会社で高い地位に就くと社会的にの評価が高いと勘違いしてしまいますが、そ […]

イベントは発展途上国に必用か?

 世の中をより活性化させるために、 人びとの志気をを上げるイベントが必要だと僕は考えています。しかし例えば、食糧困難で一日一日を生きていくのが必死なアフリカの発展途上国で、そのようなイベントが必要なのか?人間が生きていく […]

感動と興奮が消費を促す ミッキー90周年

 ミッキーマウスのキャラクターが誕生して90周年がたった11/18(日)、その誕生日を祝おうと、東京ディズニーランドの「ミッキーの家とミート・ミッキー」のアトラクションで11時間待ちの行列ができたそうです。  ミッキーは […]