政府の緊急事態宣言発出慎重姿勢について:Regarding the government’s cautious attitude toward issuing a state of emergency

首都圏4知事が政府に緊急事態宣言の発出を要請しました。

それでも政府は緊急事態宣言の発出に慎重姿勢。

補償を出したくなのはわかりますが、僕から言わせると、この先感染者が全国で一日に5,000人、10,000人と増えていったときになって緊急事態宣言を出したのでは、「なぜ要請されたときに発出しなかったのか?」という議論になってしまします。

後々でどうせ出すなら今出した方が良い。手遅れがより遅くなるだけではないでしょうか?結局は政府自身の首をしめるだけ。

政府の人々には先読みできる人がいないのでしょうか?最悪の場合も想定して政策を進めてほしいと思います。


The four governors of the Tokyo metropolitan area have requested the government to issue a state of emergency.

Nevertheless, the government is cautious about issuing a state of emergency.

I understand that I want to give compensation, but from my point of view, when the number of infected people increased to 5,000 or 10,000 a day nationwide, I declared a state of emergency. Didn’t it come out when it was done? “

If you want to put it out later, you should put it out now. Isn’t it just too late? In the end, it just slams the government itself.

Are there any people in the government who can look ahead? I would like you to proceed with the policy assuming the worst case.




メルマガ「世の中に感動とおもしろさを!」

MATSUBARA はてなブログ

https://masa104masa.hatenablog.com/



MATSUBARA livedoorブログ

http://blog.livedoor.jp/masaathlon/


MATSUBARA WordPress

http://masaathlon.net



MATSUBARA jimdo
https://masaathlon.jimdofree.com/ 

MATSUBARA Amebaブログ
https://ameblo.jp/masa104masa/

世の中に感動とおもしろさを!

ただ今イチオシの本


本気のプログラミングスクール【ウェブカツ】
コンテスト実績No.1の本格スクール 小学生向けプログラミング教室【テックキッズスクール】
今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】











検索 : 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA