ヴィッセル神戸 大荒れ

 11月24日(土)に行われたJリーグのヴィッセル神戸対清水エスパルス戦。4分と表示された後半のアディショナルタイムが20分近くになり、その間に清水がゴールを決めて3-3の同点で試合が終了するという事態になりました。

 

 これは試合を4分過ぎて終わらせなかった審判が悪い。確かに途中で一時試合が中断した時間帯はありましたが、長すぎるアディショナルタイムで同点に追いつかれたのでは神戸も納得がいかない。サッカーの試合は、人々を感動させるイベントの一つのはずなので、審判もきちんと試合をコントロールできるよう能力をつけてほしいものです。

 

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』 ホームページ作成サービス「グーペ」 WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール! マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】 wpXクラウド 自由入力 ★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営! 独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入 お名前.com 低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ 月額400円(税別)から最大容量100GB WordPress専用高速サーバー Z.com WP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA