北海道地震から学ぶ

 9/6(木)に発生した北海道地震。いろいろと学ぶことがありました。僕が一番学んだのは、節電について。節電の目標とする電気の使用量を「2割削減」としていました。

 このことで一番バッシングを受けたのがパチンコ屋。ネットの声でも「電気を多く使用するパチンコ屋は営業をやめろ」といった声が多くありました。しかしパチンコ業界だって営業しなければ飯も食えず生きていくことが出来ない。ということは、この節電の環境の中ではパチンコ業界は、生きていくことでバッシングを受けるビジネスだということになってしまいます。

 ビジネスとは本来、世の中を発展させるもののはず。非難を受けるようではビジネスとは言えません。今回の件で、ビジネスとして成り立たせる業態の意義を考えさせられました。

 災害のような逆境時や生活が苦しいときにこそ必要とされるものがビジネス。災害や少子高齢化といった社会問題の発生が今後予想される日本では、このような問題を解決する「社会起業」というものが必要になってくるのかもしれないと感じました。









国内&海外ホテル予約『トリバゴ』
ホームページ作成サービス「グーペ」


WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール!
マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】

wpXクラウド

自由入力


★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入



お名前.com
低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB
WordPress専用高速サーバー Z.com WP






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA