見城徹「読書という荒野」幻冬舎

 見城徹さんの「読書という荒野」を読みました。

 見城さんは本当に熱い!文体からもその人柄が伝わってきます。以前は「週に6日ジムに通っている」と別の本で言っていいて、僕も見習ってできる限りジムに通うようにしました。でも今はウェイトトレーニングで肩を痛めて、週2~3日ほどとこの本では書いています。それでもハードボイルドを体現しているような方だと思います。

 個人的に印象に残った内容を3点あげます。

○人間が何かを達成するには地獄の道を通らなければならない。読書をすれば無数の人生を体感できる。そうすることで、自分を客観的に見ることができる「自己検証能力」が高まる。

○本とは、自分の弱さを思い知らされ、同時に自分を鼓舞する、現実を戦うための武器。僕は、無謀な挑戦をする前は必ず、高橋和巳・吉本隆明・ヘミングウェイを読み返す。

○僕が本を熱心に読むのは、何らかの困難に陥った時だ。読書・困難・読書・困難というサイクルが僕の人生においてずっと続いてきた。だから、困難と読書は不可分の関係にある。困難に陥ったときに心のよすがをどこから得るかといえば、やはり読書しかない。スマホの検索で出た答えが自分の人生を前に進めることはない。一心不乱に本を読み、自分の情念に耳を澄ます時期は、必ず自分の財産になる。だから意識して読書の時間を捻出すべきだと僕は考えている。

 やはり熱い!そしてその熱さに引き込まれてしまいます。今後も見城さんの生き方や書かれる本に注目です。

読書という荒野 (NewsPicks Book) [ 見城徹 ]

価格:1,512円
(2018/8/19 15:48時点)
感想(0件)

読書という荒野 /単行本








国内&海外ホテル予約『トリバゴ』
ホームページ作成サービス「グーペ」


WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール!
マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】

wpXクラウド

自由入力


★月々100円(税抜)からオンラインショップを運営!
独自SSL・高機能カート・クレジット決済が簡単導入



お名前.com
低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB
WordPress専用高速サーバー Z.com WP






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA