日大は自分の首を絞めていることに気づかないのか?

 今毎日のように報道されている、日大アメフト部の危険タックルについてのニュース。あえて「おもしろいこと」として、この「日大の対応」を上げたいと思います。

 元日大アメフト部監督の内田氏、コーチの井上氏、日大の広報部、アメフト部会見の司会者だった米倉氏、学長の大塚氏そして日大理事長の田中氏。今回の事件でたくさんのキャラが出てきました。そして、どのキャラの対応も、世間一般の目から見て「良かった」と言えるものがひとつもありませんでした。

 そのため、すべての対応で自分で自分の首を絞める結果となってしまいました。日大広報部や司会者の米倉氏の対応も、内田や田中理事長を守ろうとする姿勢が帰って批判を浴びて、守るどころかさらに攻められるという、ある意味おもしろい展開に。

 大学のようなこういう公の機関というのは、世間一般的に見て良しとされる対応をしないと、自分の首を絞めてしまうんですね。今回の事件を見ていて反面教師として、とても良く学ぶことができました。

 日大は今後、良しとされる対応ができるのでしょうか。できなければ更に首を自分で締めて、最悪廃校という事態にもなりかねないのではないでしょうか。

 

週刊文春 2018年6/7号[本/雑誌] (雑誌) / 文藝春秋

価格:420円
(2018/5/30 22:43時点)
感想(0件)

週刊文春 2018年6月7日号






















★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA