オマル・ハイヤーム「ルバイヤート」岩波文庫

 オマル・ハイヤームの「ルバイヤート」を読みました。読んだ印象は、とにかく「酒を酌み交わせばなんとなかる」といった人生論を詩の形で語っているような本です。

 決して堅苦しい内容ではなく、また疲れた時に読みたくなるような本です。

 

ルバイヤート改版 (岩波文庫) [ ウマル・ハイヤーム ]

価格:561円
(2018/1/28 17:08時点)
感想(0件)





















★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA